極力直ちに駆けつけましょう。

遺族は、お通夜やお葬式の装備に忙しく、なにかとお手伝いなどすることも多いです。
自分から、支援を申し出ましょう。
そうして忙しくしている遺族を、支えてあげましょう。

亡くなられた皆様の周りだったり、仲良しだったりして、
遺族や親族から自ら連絡を浴びるようなことがあれば、
お通夜の前に、弔問ください。

遺族や親族が、ぜひとも対面してください…という望んだときの通知だ。
可能な限り伺うように決める。

但し口頭になくなったという予告を受けた場合は、
お通夜やお葬式に出席すればいいでしょう。

ただ亡くなられた皆様との繋がりを考えて、
弔問目指す…狙うのであれば、伺ってもかまいません。

但し伺ってみて、遺族や親族が慌ただしくしているようであれば、控えるようにください。
また長居はいけません。
弔問する時は、落ち着きは平服で問題ありません。家族だけのお葬式

仏式のお葬式は、日本であげられておるお葬式のおよそ90パーセンテージに当たると言われています。
それくらい邦人には、仏教を信仰やる人が多いのです。

こういう仏教のお葬式のことを、「仏式葬儀」と呼びます。

仏教には様々な宗派があります。
その一つ一つの宗派にて、多少の違いがお葬式にはあります。
但し、必ずしも大きな違いはありません。
そのためある程度の仏式のお葬式の流れを知っていれば、さっぱり問題はありません。
お葬式に列席していて、こまることはないでしょう。

仏式のお葬式では、喪主や遺族が入場し着席すると、僧侶が入場してきます。
全部で合唱がしたら、開会の辞が述べられ、お葬式が始まります。

僧侶がお経を読むと、焼香が進められていきます。
焼香は、喪主、遺族、近親ヒューマンに続いて、一般の列席ヒューマンとなります。

以前に弔電が読み上げられます。

読経がおわり、棺に献花をしたら、僧侶が離脱し出棺だ。

これが手順となっています。家族葬の詳しい情報はこちら